Skip to content
AGAS - Together we can
young girl walking right to left through a green field with forest in background

A‑Gas has pledged to become a ‘Net Zero’ company by the year 2035.​​​​​​​

​​​​​​​持続可能な未来を築く

A-Gasは30年近くにわたり、フッ素系ガスを回収し、さらなる使用のために人材、プロセス、技術に投資してきました。この努力の結果、今日、私たちは世界有数の冷媒ライフサイクル会社を構築することに成功しました。同時に、A-Gasは、そうでなければ大気中に放出されたであろう数千トンのガスを手に入れることになりました。。

A-Gasは、2035年までに「Net-Zero」企業になることを約束いたします。

Zeroに向かって、共に

A-Gasは2035年までにNet-Zero企業になります。

また、2028年までに既存の排出量を50%削減することを目指しております。

野心的な目標

さらに、2028年までに既存の排出量を50%削減することを目指しています。これは、パリ協定の目標に沿っただけでなく、科学的根拠に基づく目標(SBT)で義務付けられている排出量の削減と一致しています。これらは野心的な目標ですが、それらを達成することは日々ますます重要になっています。

rapid recovery engineer on site

Zeroに向かって、共に

Net-Zeroへの道のりをサポートするために、Net-Zeroをターゲットにすることが私たちの議題の最優先事項であるため、「Towards Zero、Together」キャンペーンが既存の当社ISO安全、品質、環境管理システムに織り込まれました。

Towards Zero Together badge with light blue background

スコープ1および2排出量 (温室効果ガスの排出量を測定する範囲の分類について)

自分がどこにいるのかを最初に理解せずに、どちらの道に進むべきかを判断することは難しいです。何よりもまず、世界で最も広く認知・支持されている温室効果ガス排出量の算定基準として、直接的および間接的な排出量(スコープ1および2)を計測および管理するために、全社的な二酸化炭素排出量を評価することです。当社のすべての計測値は独立した検証がなされ、継続的な改善の基準を設定するためのベンチマークとして使用されます。

スコープ3排出量

これに伴い、当社はバリューチェーン総排出量(スコープ3)を計測する予定であり、これには、当社のサーキュラーエコノミー(循環型経済)である再生冷媒の相当部分を占める(製品やサービス対する環境影響評価)の注釈を入れております を含みます。

この計測については、A-Gasでの業務が必要不可欠であることを強調するだけでなく、また改善点も示されます。

forklift truck loading a lorry

持続可能な未来を築く

Rapid Recovery engineer in discussion
A-Gasの冷媒回収、再生、アップサイクルのユニークなサービスは、循環型経済の特徴です。廃棄物を回収して再利用することは、経済的にも環境的にも効率的です。
PyroPlas Plasma Arc destruction equipment
当社は、最も効率的な国連が認証した技術を駆使して、使用されなくなった材料を破壊します。当社の「エンドオブライフ」サービスは、材料が排出されて地球に害を及ぼすのを防ぎます。
当社の再生と破壊の取り組みにより、2020年だけで770万トンのCO2eに相当する量を削減しました。これは、年間160万台の車が道路から撤去されたことに相当します。
industrial gas cylinders in the warehouse
世界が低温暖化製品(LGWP)の使用に移行するにつれて、A-Gasは、前世代のすべての冷媒のライフサイクルを管理しながら、これらの製品をエンドユーザーに提供する上で重要なプレーヤーとなります。